『 頭脳は死ぬまで成長するもの 』、コツがあるのです。      

『 認知症にはならないコツもある 』、『 学びの世界もコツ次第 』

記憶とは
 
原口式記憶術を学ぼう
 
世界に広がる記憶法
 
円周率 10万桁ってどれくらい
 

メディア露出

  • NHKテレビ『きわめびと』で放映されました。
     
  • NHKテレビ『マサカメTV!』で放映されました。
     
  • 日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』で紹介されました。
     
  • NHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』に出演しました。
     
  • 日本テレビ『ラジかるッ』で放映されました。
     
  • 朝日新聞正月号にて「学びの達人」として2ページにわたり紹介されました。
     
  • 『脳を鍛えるプロの記憶術』で紹介されました。
     
  • TOKYO-FM系『サントリーサタデー・ウエイティング・バー AVANTI(アバンティ)』に出演しました。
     
  • フジテレビ『所さんのからだ不思議冒険クルーズ』に出演しました。
     
  • レディス4(テレビ東京)で紹介されました。
     

What is pi?

円周の長さを、その直径で割ると、その数値は円の大きさに関わらず一定の値を取り、この値を円周率という。π(パイ)ともいう。 円周率の定義から、半径が1の円においては、その円周の長さは 2πである。円周率の計算式としてはマチンの公式が有名。ただ円周率を導く計算式は無数提案されている。
1949年に、ジョン・フォン・ノイマンはコンピュータ ENIAC を使い70時間かけて、円周率を2037桁まで計算した。1973年には100万桁を超えた。この進歩は高速なハードウェアの開発だけによるものではなく、効率のよいアルゴリズムが考案されたためである。そのうちの最も重要な発見の一つとして、1960年代の高速フーリエ変換がある。これにより、多倍精度の演算が高速に実行できるようになった。2014年現在では、円周率は小数点以下13.3兆桁まで計算されている。(wikipediaより引用)
3月14日は、多くの国で 「円周率の日」とされる。アメリカでは2009年3月14日を「全米円周率の日」とする決議がされている。 また、この日はアルベルト・アインシュタインの誕生日であり、日本では「数学の日」にもなっている。

千葉のセミナーに参加して暗記術を学べば勉強やビジネス、認知症予防にも活かせます

暗記力向上研究会では千葉県を中心に、記憶力や暗記力を高めるセミナーや個別指導をご提供しております。円周率記憶10万桁を誇る原口式記憶術を習得することで、学校の試験や受験勉強の効率が上がって志望校合格やワンランクもツーランクも上の学校進学も目指せるようになります。
暗記力向上研究会のセミナーは学生さんはもちろん、ビジネスパーソンやリタイア世代にも人気があります。仕事の効率が上がったり、プレゼンに成功したりとビジネスにおける成果も高めることができます。シニア世代では認知症の予防に効果が期待でき、年齢を重ねても新たな趣味にチャレンジできるなどリタイア後の楽しみや生きがい作りにも役立ちます。
円周率記憶10万桁が目指せる原口式記憶術は、暗記力向上研究会がご提供する他では学べない独自の方法です。学生さんからシニアの方まで誰でも気軽にチャレンジでき、成果を出せる方法です。千葉だけではなく東京はもちろん全国各地へのセミナー講演やメディア出演を承りますので、お気軽にお問い合わせください。