円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

「世の中は考え方一つでどうにでもなるものだ」とする人生観がございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「世の中は考え方一つでどうにでもなるものだ」とする人生観がございます。

 

 それはそうなのかも知れない、と私も思います。

 

 ですが「考え方」というよりも、「記憶の仕方」が大事なのだろうと私は捉えてい

 

るのです。何につき、どのように感じ捉えて記憶するかで、その人独自の考え方、物

 

の見方が性癖となり習い性となるのだろうと考えておるのです。

 

 もちろん、日々に生じる出来事をどのように感じて記憶するかは、人それぞれの感

 

性や性格に左右されますし、どちらが先かは鶏とタマゴと同じようで分かりません。

 

 ですが、長い間の生活上で習性化してしまった考え方、感じ方というものはナカナ

 

カ変えにくいのが現実でしょう。

 

 それならば、”記憶をコントロールする”という姿勢や観点で人生力の向上を模索

 

してみようではないか、と私は企図しているのでした。

 

 この”記憶のコントロール”ということについて、『生きる知恵生む記憶術』を標

 

榜している「原口式」としてはもっともっと深く掘り下げておきたいものです。です

 

ので、『本科』に入ってから確りと考究していくことにしましょう。

 

関連記事

アーカイブ