円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

前回お伝えした『白隠禅師の「軟酥の法」』の故事は、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回お伝えした『白隠禅師の「軟酥の法」』の故事は、私たち人間にとって極めて

 

意味深い示唆を与えてくれます。

 

 つまり私に関して述べるとしたなら、端的に言うますと”能動的に記憶を作り出し

 

にいく”とする私の主張は、この事がベースになっているということです。

 

 我が人生に良い結果をもたらすような記憶を作り出しながら生きていく、というこ

 

となのですね。

 

 もしも、白隠さんが一般の人々と同じように「もう数ヵ月の命だ」と言う医師の言

 

葉を受動的に受け入れた記憶で心神を覆ってしまっていたとしたならば、その後の偉

 

大な功績は勿論なかったことになりましょう。即ち、間違いなく数ヶ月の内に死亡し

 

たということです。

 

 そうであるならば、”あらゆる物事につき、なるべく我が身に良いような、我が人

 

生を価値高くしてくれるような意識の仕方、記憶の性向を保ちながら生きていこう”

 

と私は思い定め、皆さんにもお勧めしているのです。

 

 我が身の存在に貢献しえない記憶なんぞは取るに足らないものではないでしょうか

 

。ましてや、害毒となるような記憶は極力避けたいものですね。もしも、避けえない

 

のであれば加工作業を行って解毒させておくべきでしょう。

 

 例えば、誰かに心無い言葉を浴びせられたとしたならば、そのまま受動的に受け取

 

って落ち込んでしまうようなことにはせず「本心ではないだろう、何か事情があるは

 

ずだ。そんな暴言には惑わされないぞ」と能動的、主体的に処理しておくなら先々我

 

が心身を蝕む結果とはなりえませんでしょう。

 

関連記事

アーカイブ