円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

④一端・その4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

④一端・その4

 

 文学好き向けに一つ出してみましょう。「百人一首」から一つ選んでみました。

 

 23番「月見れば千々に物こそかなしけれ わが身ひとつの秋にはあらねど」作・

 

大江千里

 

を日に何度か思い出してそらんじてみてください。

 

 23(つ、み)番を「月見の番人」と捉えれば、それに連動して「月見れば…」が

 

スラスラと頭に浮かんできます。そしてまた、「…あらねどー大江の千里」のように

 

詩歌と作者名を連結させて唱えると「…あらねど。大江千里」と区切った場合よりは

 

るかに記憶しやすくなるはずです。

 

関連記事

アーカイブ