円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『記憶するための記憶ツールとは?』・その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『記憶するための記憶ツールとは?』・その1

 

 ここでは、語呂合わせのツールとして用いる普及型の「数字⇔文字変換表」の使い

 

方をご説明します。

 

 「6」を具体例にして、その変換語を以下に列記してみましょう。ここでは平仮名

 

で表記しておきますが、もちろんカタカナにしても使えます。なお、「は、ひ、ふ、

 

へ、ほ」のすべてを書き出すとなると皆さんにとって煩雑なものになりましょうか

 

ら、「ひ」を代表例にして示します。

 

 《ひ、び、ぴ、ひー、びー、ぴー、ひん、びん、ぴん、ひーん、びーん、ぴーん、

 

ひゃん、ひゅん、ひょん、びゃん、びゅん、びょん、ぴゃん、ぴゅん、ぴょん、ひゃ

 

-、ひゅー、ひょー、ひゃーん、ひゅーん、ひょーん、びゃーん、びゅ-ん、びょー

 

ん、ぴゃーん、ぴゅーん、ぴょーん》

 

 【注】:ここには「ひゅう」や「ひょう」は含まれません。「ひゅう、ひょう=6

 

1」ですので。

 

詳細はこちら ⇒ http://kiokujutsu123.com/

 

関連記事

アーカイブ