円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

49、”凝る日々”そのものが能動的日常なのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

49、”凝る日々”そのものが能動的日常なのです

 

 「凝り性」の人は能動的なのです。自分の能力の発現に凝ることは能動性を付随さ

 

せるのですね。凝っている物事に積極的に働きかけますから常に前向きなのです。つ

 

まり、能動的な人生を送ることになるのですよ。

 

 能動的に生きるお人は幸いです。そのようなお人は普段の何気ない日々でも無駄に

 

過ごすことに戸惑いを覚えるのです。日々の精進が嬉しいからですね。

 

 日常の一瞬一瞬がそこはかとないありがたさを感じさせるが故、なのですね。

 

 そういった意味でも能動的なお人の生き方もまた”天命に沿って生きる人生”なの

 

ですね。

 

純粋に日々時々を喜び、嬉しく、ありがたく思うお人に”天なる神仏”が愛おしく思

 

わないはずがありませんのです。

 

 今日のまとめは、

 

 『”凝った日々の重ね”がつまりは、”能動的人生”なのです』

 

関連記事

アーカイブ