円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

47、障害の側の論理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

47、障害の側の論理

 

 それにね、皆さん。「障害」の側から見れば「夢や希望」の中に「我利」が仄見え

 

るから阻むのです。その「我利」の部分が「障害」の側の利を損なうことを恐れて反

 

する行為に出ざるを得ないのですね。ですから、妥協すればよいのです。妥協して3

 

割でも譲ったとして、残りの7割も得られればそれはもう、それだけでも大きな前進

 

でしょう。

 

 真正面から吹き付ける風に妥協して進み行くヨットだって、7も8割も譲歩するか

 

ら前進できるのです。逆に、それが2、3割程度では前へは行けませんでしょう。

 

 世間一般には「妥協」を潔しとせず、マイナーなことと捉える風潮がありますが、

 

自分も生き、相手をも生かす「妥協」は否定すべき事柄ではありませんのです。むし

 

ろ、積極的に活用したいものです。

 

 今日のまとめは、

 

 『「妥協」は積極的な前進の方法なのですよ、活用すべきです』

 

関連記事

アーカイブ