円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆戸惑う子供に助け舟を出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆戸惑う子供に助け舟を出しましょう。

 

 要はですね、戸惑い疑問に思う事柄についてさりげなく耳を傾けてくれる存在があ

 

ればよいのです。恥じることなく問いかけられる環境が周囲にあれば済むことなので

 

すね。例えばですが、物怖じすることなくすべての疑問を受け入れてくれるお爺さん

 

のような存在が学校に居ればよいのですよ。突拍子もない話ですが。

 

 〔当然のことですが、このような状況時に手を伸べ口を添えて上げられる大人が家

 

族にいれば問題はありません、でも、一般的にはそうではない場合が多いのですね、

 

残念なことです〕

 

 でも、「成長すること」を前提に生まれてきた人間に、そもそも最初っから頭の出

 

来が悪い子なんて存在しないはずなのですね。上記しましたような、ただステップア

 

ップがスムーズに行かない子供がいるだけなのですよ。ステップアップの踊り場でつ

 

まずいてしまっているのですね。でもですね、つまずいている子は前向きで倒れてい

 

ますのです。前へ進みたいがために倒れているのです。ですから、手を差し伸べてや

 

れる助言者の存在が欲しいのです。

 

 もしそんな存在が今の私だったなら歳もとってそれなりの知恵がついてますので、

 

上記の「点」に関してなら、面や線だけに用いられるのではなく、”ある部分”とい

 

うような意味も持っていて様々な場面や特定の箇所を指すようなときにも「その点」

 

などとして使えると便利だからね、と答えられますし、また昨日の「稲作」には”

 

「弥生」三月苗作り”などの言葉を考え出して教えられると思うのです。

 

 今日のまとめは、

 

 《つまずいて倒れてしまっていても頭は前向きです。成長したいから前向きに倒れ

 

たのです》

 

関連記事

アーカイブ