円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『小倉百人一首』・その91

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『小倉百人一首』・その91

 

 84番は藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけあそん)さんの作です。

 

 これはちょっとした悟りの歌です、それも前向きな。

 

 長らえば

 

 またこのごろや

 

 しのばれむ

 

 憂(う)しと見し世ぞ

 

 今は恋しき

 

 解説です。

 

 「こんなに辛い日々がつづいているのにだよ、後々になってみれば懐かしい思い出

 

となっているのかもしれないね。だって、悲しいことばっかりだと思っていたあの頃

 

が今となってみれば意外と恋しく感じられるのだもんな」ってね。

 

 順番とイメージです。

 

 ”84=やーよ、き世好く〔清輔をもじって〕 長らえば…”遠く過ぎ去りしこ

 

と、日々に疎し。ただ懐かしきことのみしばし偲ばる。と、初秋の風情を微風に感じ

 

て物を思いしあなたは心清すけ。

 

関連記事