円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『小倉百人一首』・その57

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『小倉百人一首』・その57

 

 50番目です。藤原義孝(ふじわらのよしたか)さんの作です。

 

 「長くもがな」は「長くあってほしい」と言う意味です。彼は21歳という若さで

 

夭逝(ようせい)した青年貴族だったそうですから、この言葉が哀れを誘います。

 

 これは初めて契りを交わした後の歌です。手練手管もない一途な恋心をつづった生

 

真面目なもの、純そのものなのですね。

 

 君がため

 

 惜しからざりし

 

 命さへ

 

 長くもがなと

 

 思ひけるかな

 

 解説です。 

 

 「愛しいあなたに出逢えるのなら死んでもいいと思っていたが、こうして実際に思

 

いが届いた今は死ぬなんてとんでもないよ、むしろズーッとずっと長生きしてあなた

 

との逢瀬を重ねていたいのだ」と、愛が永らえることを願った歌なのです。

 

 順番とイメージです。

 

 ”50=これ、は夭逝義孝語った 君がため…”と、見詰め合ってる二人の姿が目

 

に浮かびます。

 

関連記事

アーカイブ