円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『近況報告』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『近況報告』

 

 今日は、宮城県の宮城広瀬高校というところで講演をしてまいりました。

 

 聴衆は300人です。皆さん、真剣に聞いてくださって嬉しい気分で終われまし

 

た。ありがたいことです。

 

 この高校は、奇遇なことなのですが、今は亡き大事な友人が気鋭の数学教師として

 

赴任していた中学校が同じ町にありましたから、講演後にちょっと中学校に立ち寄っ

 

てみました。かつて私も帰郷の際に妻を伴い彼を訪ねて立ち寄った町でもあります。

 

しばし亡き友を偲んで黙祷!素晴らしい人物でしたのです。

 

 さて、この講演会で不思議な生徒に出会いました。マスクをしていたので冗談半分

 

にそれを外してみてくださいと頼んだのです。そうしたら、妙に深みのある表情が現

 

れましたので、ちょっと戸惑いました。で、言葉が出なかったのです。冗談を言おう

 

としたのでしたが、それが出ません。

 

 この少女が聴衆を代表して花束をくれました。その際に思ったのです、20年も過

 

ぎた辺りに充分に著名な婦人になっているかも知れないとですね。なにせ、考察の深

 

さが高校生レベルを超えているのを感じたのです。この女性の未来が楽しみです。

 

 話を変えます。講演後、仙台駅までのローカル列車内で、講演を聞いてくださった

 

三人の女性と一緒に過ごすことが出来ました。性格の良さがまともに出ているミ○さ

 

ん、利発なメ○さん、愛嬌もののミ○○という三人の女性です。この三人のお陰でこ

 

れからの一ヶ月を少年のような華やいだ気分で過ごせそうです。私の高校生時分の感

 

覚が呼び覚まされたのですから、それが直ぐ消えてしまうのではもったいないので

 

す。せめて一ヶ月は少年時代の思い出に浸りたいのです。もうほら、あの頃に流行っ

 

ていた「赤いハンカチ」が耳元で鳴り止みません。

 

 日曜日だった昨日、中学時代の同級生だった女性が郷里から我が家の電話のベルを

 

鳴らしてくれたばっかりなのですから、若い頃の諸々が思い出されてならないので

 

す。その意味でも広瀬高校のお招きが嬉しいのでした。

 

 お世話くださったPTA幹事の○野さんに感謝します。万事に際立った処置をなさ

 

るようなお人なのでした。

 

関連記事

アーカイブ