円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その71』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その71』

 

 その「空」への思考を突き詰めていくと、生きてこの世に在ることの大事さのみが

 

直感できるのですね。

 

 例えば、卑小な例ではありますが、小さいながらも我が持ち家の存在は、これがな

 

かった場合の不都合に思いを馳せてみれば随分とあり難いものに思えてくるもので

 

す。

 

 このことは同じように、妻や子という家族の存在にも当然言えることなのですね。

 

更には、友人や隣人、同じ日本人や同じ時代を生きている地球人へ、とこの理屈を当

 

てはめて行ける対象は延々と広がってまいりましょう。

 

 こうなってみると、この世の全ての存在物が得がたいものになってまいります。

 

 つまるところ、”ただ存在することが大事”、”ただ、生命として存在したことが

 

大事”、と言うことになるのです。

 

 ここまでに論及してみれば、例えば理不尽で不条理と思われた幼児の早逝について

 

も”短いながらも存在したあり難さ”を、さり気なく受け入れられるようになっては

 

来ませんでしょうか。

 

 そうです、これも「空」なのです。「こう在るべきだ、あー在るべきだ」という存

 

在の基準や価値を云々することから離れることが出来たなら、これもまた「空」と言

 

う概念に入るのですね。

 

 そうした思考の結果においてこそ、真の意味での「生命」の大切さが実感されて来

 

るのです。

 

関連記事

アーカイブ