円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その68』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その68』

 

 さて、当シリーズの『その40』において、”人生論は哲学の分野ではない”旨の

 

発言をしておきました。

 

 これについての持論を開陳させていただきます。

 

 「人生、如何に生くべきか」という万人共通のものを哲学者や思想家たちだけが論

 

じ合うような厳密なものだけに棚上げしてしまってはいけないように私は思っている

 

のです。

 

 もっと庶民化させたもの、例えば一言二言で済ませてしまう所謂(いわゆる)「人

 

生哲学」でも良いのです。

 

 なぜなら、誰もが彼もが日々の出来事に辛吟しているのですから、その時その時で

 

積極的に生きられるような答えが世の中に数多く有って良いはずですし、有るべきな

 

のだと思うのですよ。

 

 それなのに、学校では教えませんし、社会でも容易にそのようなものに出会うこと

 

がありませんのです。書店でたまたま見かけても、その大方は宗教界のものですし、

 

そしてその場合は視野が狭すぎます。

 

 こんな現実では人々が辛すぎましょう。

 

 ですのでね、常々に生じてくる喜怒哀楽で悩み呻吟する際に、こうではどうか、あ

 

ー考えたらどうかという指針が身近な社会に沢山あるべきなのですね。

 

 私の『「般若心経」を暗記しましょう』シリーズは、暗記力をつけるためであるこ

 

とも勿論ですが、そういった意味合いも含めて始めたものでした。

 

 ですので、皆さんの思索の一助にでもなり得るなら嬉しい限りなのです。

 

 〔尚、「般若心経」に関する私の考えにご賛同いただいた方なら、きっとご自分の

 

記憶する能力も高くなっていることは間違いないもの、と私は信じております。何故

 

なら、本来的には発揮したがっている人間の潜在能力が、そのような方であるほど顕

 

在化しやすくなっているはずなのです。何せ、「般若心経」に親しむことによって自

 

縛的な心身の無駄な力が抜け去るのですからね、その持つ能力が記憶力も含めてドン

 

ドン発揮されるようになるのは自明の事でしょう〕

 

関連記事

アーカイブ