円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その65』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その65』

 

 さー、論考がここまで進みきて、ようやっと結論が明確に私たちの前に姿を現しま

 

した。

 

 つまるところ、「般若心経」の真髄は「無心」なのです。「空」は「無心」にある

 

のでした。”心を無にして自分を生きなさい”ということなのですね。

 

 毎日毎日、我が身に起こる事毎に「無心」に対処していきなさい、ということなの

 

でした。

 

 一日一日を、”「無心」の思いで以って我が事々に専心しなさい”と、「般若心

 

経」は教えているのです。

 

 いかにも難解そうに「空だ・無だ」と説く「般若心経」の真意が、ただ単に「無心

 

に生きよ」と言っているのだと知ってみれば、何だか随分と気が楽になってくるもの

 

です。

 

 オッと、”心を無にする”と言うと「精神論」になってしまいますね。「頑張れ、

 

ガンバレ、努力しろ」という根性物には抵抗感を持つ私は「精神論」を云々するのを

 

好みません。ですので、ここは”心が無になる状態”のことを言っているのを強調し

 

ておかなければなりませんでしょうね。殊更に意図して”心を無にする状態”ではな

 

くなく、自然とそうなるような感じと捉えられるものです。

 

 例えてみれば、無邪気な幼児が自分の遊びに無心になっている風なことですよ。

 

関連記事

アーカイブ