円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その47』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『「般若心経」を暗記しましょう・その47』

 

 このような心境こそが、「色(意識する対象)⇔無」なのですね。様々な人間欲

 

(「色」に感応する器官)を楽しみながらも、それに囚われることなく且つ物欲、意

 

欲の空しさをも確りと認識できている、そんな心象状況を得たならば、「色」と

 

「空」とを瞬時に行き来できることになるのですからね、これも「色即是空」、「空

 

即是色」の一つの形ではあるのです。

 

 〔例えるならば、諦めやすいようで望みを捨てることはない、熱中しやすいようで

 

冷めている、埋没していながら覚めている、怒っていながら許している、哀しく辛い

 

思いなのに率直にそれを受け入れて噛み締め味わっている、こんなような心境を指し

 

て言っています〕

 

 つまり、何者にも囚われない我執を去った心情ながらも積極的に生きている、そん

 

なような境地になることです。

 

 今後のしばらくは、この”般若心経の境地”を具体的に提言してまいります。

 

皆さんの理解を得やすくするために五段階に分けて示しますね。例も加えましょう。

 

関連記事

アーカイブ