円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

★『「般若心経」を暗記しましょう・その3』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★『「般若心経」を暗記しましょう・その3』

 

 摩訶般若波羅密多心経

 

 まかはんにゃーはらみったーしんぎょう

 

 観 自在 菩 薩   行  深 般若   波羅密 多 時 

 

 かんじざいぼーさー  ぎょうじんはんにゃーはらみったーじー

 

 上記の二行での暗記作業の出来具合は如何だったでしょうか。

 

 「原口の解説では分かりにくくて脳内に定着しがたいよ」とおっしゃる方もおられ

 

ましょうから、この時点で早速、「原口式暗記術」とでも言うべき私独自(他の人も

 

容易に考え付きやすいものではありましょうがしかし、参考にしたものは絶対にあり

 

ませんので「独自」とさせていただきます)のテクニックの一端を披露することに致

 

しましょう。ここにおいて、次の二つの方法を提示することに致します。

 

 先ず一つは、次のような”デフォルメ法”です。これだけで結構、記憶しやすくな

 

るものです。

 

 例えば、「摩訶般若波羅密多心経」を、”なんか変に腹減った心境”と読み替えて

 

みるのです。

 

 そしてまた「観自在菩薩 行深般若波羅密多時」をば、”感の自在な坊さん 行事で

 

変に腹減ったぜ”とデフォルメするのです。こうすると、実際の文とのギャップが頭

 

脳に入り込むので、そのギャップ分、記憶にとどまりやすくなるものです。効果の高

 

さは保障しますよ。

 

 尚、この際には勿論、一文章すべてを造り替えなくても良いのです。「波羅蜜多」

 

の部分をいじくるだけで「摩訶般若波羅密多心経」全体が記憶しやすい身近なものに

 

なってくるはずです。

 

 次いで二つ目ですが、長くなってしまいますので、これは明日に回させていただき

 

ます。どうぞご期待ください。

 

関連記事

アーカイブ