円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『願望成就のコツ・その基本1』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『願望成就のコツ・その基本1』

 

 突然ですが、「もしもし亀よ、 亀さんよ」の童謡を、一般的には「兎のように慢

 

心して怠けてはいけないのだよ、亀の歩みでも良いから倦まず絶ゆまずに進みなさ

 

い」という戒めとして捉えられているようです。でもですね、私は目標とするものを

 

確実に我が物にするためにはどうしたら良いかを如実に示している”願望成就の方法

 

を示唆している寓話”であろうと看做しているのです。「亀の歩みのようにゆっくり

 

と着実に進んでいけば、物事は必ず成就するのだよ」と言っているのではないかと考

 

えているのですね。何故ならその証拠に、亀は兎との会話で自分が勝つことを断言し

 

ておりますのですよ。兎が競争の途中で怠け心を起こして惰眠をするかどうかは分か

 

らないはずなのにですね。

 

 要するにですね、この例のように一つひとつの歩みを着実に、丁寧に進めていけば

 

事は成るのです。例えば、登山家がそうですね。彼等はベテランになればなるほど、

 

目の前の一歩一歩を大事にしているのですからね。”着実に、丁寧に”が願望成就の

 

「必要条件」なのですよ。そして更に言うなら、それだけで「十分条件」なのかもし

 

れませんのです。

 

 このように、人間が生きていく上での最も大事なこと、肝心なことというものは極

 

めてシンプルなものなのです。大いなる宇宙の申し子である私たちが希望を掲げて目

 

指し行く道筋こそがいわゆる「王道」なのですからね。

 

 つまり、私が主導する道々筋々こそが阿弥陀如来の代理人として歩を進めるべき

 

「王道」ということなのです。

 

 以上のこと、随分と深い意味合いを持っていますゆえ、大事に捉えていただくよう

 

願っております。

 

関連記事

アーカイブ