円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆具体的な能力開発の手順例について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆具体的な能力開発の手順例について

 

 皆さん、後頭部への意識集中の結果はどうだったでしょうか。

 

 何らの変化も感じられなかった方々が多かったかもしれませんが、私の場合は後頭

 

部に意識を送ると10秒ぐらいで頭髪や耳に痙攣が生じてきます。これは多分、意識

 

することで頭部の血流が強くなっているのではないかと推定しております。同様なこ

 

とを頭頂部で行っても同じ結果が起きるのですが、不思議なことに前頭葉ではそんな

 

ようなことは発現しませんのです。これはきっと、他の部署よりも前頭葉の血管の量

 

が膨大なので安直な”意念力”では目に見える反応までは生じないのではないでしょ

 

うか。

 

 さて、このように今後もしばしば体質向上のためのノウハウを提供していくつもり

 

ですので、ご期待ください。

 

 次に、これからの能力開発の具体的な推進形式をどうするかですが、頭脳力版と身

 

体力版とのいずれも手がけて行きたいもの、と考えております。それも我が身をモデ

 

ルにしてです。

 

 身体力については、現在の私は折々に散歩する程度の運動量ですが、いずれはマラ

 

ソンが習慣化になるまでの手順を提供していくよう考えています。まもなく64歳に

 

なろうとする私でも、ムリなく出来るはずだと思っておりますのです。

 

 頭脳力においては、記憶量の向上のための手段として「小倉百人一首」の暗記を試

 

みてみる、というのはどうでしょうか。勿論、私もその和歌集の中のどれ一つとして

 

知りませんのですから、やはり皆さんと並列して共に暗記量を我が脳に備えていくこ

 

とになります。

 

関連記事

アーカイブ