円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『心と精神に縛りがなければ、偉大な事柄も容易に達成できるものです』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『心と精神に縛りがなければ、偉大な事柄も容易に達成できるものです』

 

 あの世界一価値高いとされているノーベル賞は独創的な着想が大事な評価点となり

 

ますが、そのノーベル賞を授かった偉人の数はアメリカが突出しているそうです。か

 

の地は、伝統社会を持っていない若い国だからなのでしょうね。ですから、人々は

 

「伝統的な思考」をしないのです。発想が自在で、考え方がタコ足のように四方八方

 

に飛ぶのです。私はこのようなことを「義経の八艘飛び」に引っ掛けて”思考の発想

 

飛び”と呼んでおります。

 

 考え方に縛りがないアメリカには、ですからノーベル賞が設けられる以前にも凄い

 

人物の業績が沢山、現れております。言わずと知れたエジソンさんの数々の発明がそ

 

うですし、モールス通信のベルさんや、天高く凧を揚げて雷の稲光が電気現象である

 

と証明したのもやっぱりアメリカのフランクリンさんでしたよね。

 

 このように、自分の持っている能力を十分に引き出して活躍させるために、思考や

 

発想の自由はしっかりと保っていたいものです。

 

 尚、アメリカの凄さは、歴史上の人物だけではないことも強調しておかなければな

 

らないでしょう。19、20世紀にアメリカから生み出された新しい政治形態、新し

 

い経済社会、新しい文化、新しい芸術、新しい工業技術などなど、いずれも世界を席

 

巻しております。

 

 これらのすべてが、縛りや囚われのない思考の結果であることが明白なことは読者

 

の誰もが認めるところでしょう。

 

 「自由」であることは、人間に内在する能力を限りなく導き出す根源として欠かせ

 

ないものなのですね。

 

関連記事

アーカイブ