円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『真の改善力は、現状の肯定的認識から始まります』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『真の改善力は、現状の肯定的認識から始まります』

 

 あなたは今、病気です。「うつ」という病を持っている状態でしたね。鬱の度合い

 

はどのくらいなのでしょうか。「これこれこのような状態なのだ」と、しっかりと認

 

識してください。

 

 私たち人間にとって、それが何事であってもコツをつかめば希望することは必ず成

 

就するものだ、と私は確信しております。

 

 そのコツとは、山登りの際の足取りと同じです。頂上ばかりを見つめて登頂を焦っ

 

ていてはいけません。ありきたりの言い方ですが、先ずは目の前の一歩一歩を大事に

 

することです。その一歩を丁寧に扱っていれば次の一歩も確りとした踏み込みになる

 

ものです。つまり、地力が付くのです。

 

 それなのに、ひとたび頂上を目指して焦りだしたのでは、ほどもなくゼイゼイ息が

 

あがりだしてその場で登山が頓挫してしまいます。

 

 焦って行なう事柄は成功を見ません。挫折は、焦りから出るのです。現実を的確に

 

認識していないから絶望もするのです。

 

 今日の体調を肯定的に認識してください。頭痛も吐き気も食事への嫌悪感もしっか

 

りと確認するのです。「ようし、分かったぞ、今日はその程度か。でもよ、原口の言

 

うように朝夜、生まれ変わりの儀式もやっているし、考え方も段々変化してきている

 

のだから、明日には、たとえ少しだけであっても絶対に良くなっているはずだ。だか

 

ら今日のところはこの体調に逆らわずに、つきあってやろうじゃないか」という風

 

に、穏やかな対応をして欲しいのです。昨日、述べました「しなやか」な感じを大事

 

にしてくださるよう望むのです。

 

 以前にも述べましたが、病気とは闘わないでいいのです。むしろ、闘わないほうが

 

いいのです。この理屈が分かってくださったなら、あなたの快癒への歩みが始まるで

 

しょう。快方に向かうはずです。

 

関連記事

アーカイブ