円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『毎夜の眠りは明朝からの生まれ変わりを意味します。金縛りの意味が分かれば理解できましょう』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『毎夜の眠りは明朝からの生まれ変わりを意味します。金縛りの意味が分かれば理

 

解できましょう』

 

 さて、今日から少々目先を変えて進めてまいります。

 

 私事で恐縮ですが、夕飯時はいつも欠かさず晩酌をします。結構な量なのでずい分

 

と酔いますが、明朝にはその酔いがほぼ抜けていて元気が身体にみなぎっているので

 

す。ありがたいことですね。眠りは身体のリセットを意味します。

 

 睡眠時には神の領域に入っているのです。眠っているときにしばしば起こる”金縛

 

り”は「神による縛り」のことなのです。それが「神の縛り」⇒「かみなしばり」⇒

 

「かなしばり」と変化したのでした。

 

 実際のところ、睡眠中は”失神”しているときと同じ状態です。”失神”は「かみ

 

をうしなう」と書きますが「精神をうしなう」状態を指して言っています。つまり、

 

覚醒しているときに確りと堅持できている人間としての心と精神が、「眠っている間

 

は離れる」のです。「失う」のです。神の領域に入っているから、です。

 

 そしてまた、眠りから”覚める”ということは「人間性を取り戻す」ことなので

 

す。神の領域に入って一日の疲れを癒していただいたなら、また「人間性に覚める」

 

ということです。「人間性を思い出す」ことになるのです。

 

 朝には”元気”が出ています。睡眠という神の領域でしっかりと前日の疲れを取り

 

落としているからですね。

 

 このことはですね、一日が終わる夜に風呂に入ってその日に付いた身体の汚れを落

 

とすとともに、汚れてしまった服を脱ぎかえることと同じであるように私は理解して

 

おります。

 

 昨日の自分と今日の自分は微妙に違うのです。子供を見ているとその事が顕著に分

 

かりますね。夜の睡眠を経るたびに成長するのですから。子供の身長は夜の睡眠時に

 

伸びるのです。

 

 でもですね、大人だって身長は伸びませんがしかし、変化はしているのです。従っ

 

て、夜毎の睡眠後は昨日の自分とは違っているはずです、微かではありますが。

 

 でもですね、その微妙な違いに確りとしたアプローチをかけるなら、心身の成長を

 

促すことはできるのです。確かな進化を、です。

 

 明日から、そのアプローチを具体的に実施しましょう。あなたの現状を改変するた

 

めです。

 

関連記事

アーカイブ