円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『宇宙の真理があなたの心と精神を司っているのです』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『宇宙の真理があなたの心と精神を司っているのです』

 

 活力の源であり、成長性の極みであり、安定度の限りであり、静寂の最もなるも

 

の、そんな大宇宙の真理が私たち人間の心と精神に宿っているのです。ですから

 

日々、物事に動じず穏和な心境でいられない訳がありませんのです。

 

 でも、あなたの心の中は苦しみで一杯のようです。気になる事も様々にあるようで

 

す。それが現実なのですね。

 

 それなら、本当にそうなのかを一つひとつ検証してみましょうよ。私が宇宙の真理

 

の導き手となりますので。

 

 例えば、食事が美味しくないのですね。

 

 でも、物を食する行為というものは、美味いか美味くないかを感じ取るためではな

 

いのです。味わえるか味わえないかが肝心なのですよ。

 

 それが毒物でなければ基本的には私たちの身体には養分となるものですからね、美

 

味しさ度合いが極端に少なくても味は必ずあるはずですからね、あなたの身体はそれ

 

を拒否しないはずなのです。そのことを念頭にして口に運べば良いのではないでしょ

 

うか。そうすればあなたの舌が微かな旨みを探り取るはずなのです。

 

 もう一つ例えば、外出しなければならないのですが億劫さが先立って気が重いので

 

すね。

 

 でもですね、その目的を達成したなら何らかのご褒美があなたを待っているのです

 

よ。多分あなたは、一旦、外出したなら、「その目的を達成しなければ困ったことに

 

なるのではないか」、と考えるから気が重くなるのではないかと推定いたします。そ

 

れならですね、お母さんのお手伝いをすればお小遣いがいただける、という子供さん

 

のウキウキした心境になるという考え方だって成り立つはずなのではないでしょう

 

か。

 

 物事を否定的に感じたり考えたりできるのなら、その同じ事をまるっきり反対に捉

 

えることだって成り立つのです。完全な肯定型で認識することも”可”なのですね。

 

しばしば使われる比喩ですが、コップ半分の水を「もう半分しかない」と悲観的に思

 

うことが”出来る”のなら、「未だ、半分もある」と肯定的に感じることも”出来

 

る”のです。そのいずれもがあなたには”可能”なのですよ。

 

 この事のように、世の中の粗方の事柄は絶対論にはならないものなのです。それは

 

ただ単に、”イエス”と捉えるか”ノー”と捉えるか、あるいはまた、その中間域で

 

ウジウジするかの相対論なのですね。

 

 それならば断然、”イエス”と言っていた方が人生は”得”でしょう。それなのに

 

あなたは”ノー”を選択しているのです。

 

 あなたが無意識のうちに世間の殆どの人々の考え方に付き合っているだけであるこ

 

とも私は承知しています。世の中、楽観論者より悲観論者の方がずい分と多いもので

 

すからね。

 

関連記事

アーカイブ