円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『「足るを知る」ということわざの真の意味をお伝えしましょう』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『「足るを知る」ということわざの真の意味をお伝えしましょう』

 

 あなたが現在、所有しているものやあなたに付属しているものは、どのくらいある

 

ものなのか一つひとつ数え上げて確認してみてほしいのです。

 

 料理の上手な奥さんがおられるのでしょうか。洗濯や布団干しなどもやってくれる

 

やさしいご主人がおられませんでしょうか。

 

 お子さんはどんなお人ですか。たとえ成績が優秀ではなくても、授業を休んだ級友

 

の身を案じる優しいお嬢さんではありませんか。

 

 住んでいるところはどんな具合でしょうか。家賃の高いのに苦しみながらも、どう

 

やら暫くは居住に困ることはないのではないでしょうか。もしもそれがあなたの持ち

 

家だった場合などは、どれほど安心できることでしょうか。だって明日も明日も安定

 

した住まいがあるのですからね、ありがたいことです。

 

 着るものはどうですか。今年流行の新しい衣装は手に入れることが出来なくても洗

 

濯が行き届いていてさっぱりとした清潔感が感じられれば出会う人々に恥ずかしい思

 

いはしないと思いますよ。

 

 心の中の空間に、一輪挿しの花活けを持っているのではないでしょうか。その一輪

 

の花を、常に誰かに捧げる機会を探っているような優しい心を持っている方ではあり

 

ませんでしょうか。

 

 こんな風に、いろいろ様々な所有物を数え上げてみれば、結構な物持ちに思えてき

 

ませんでしょうか。今の今まで、自分の不幸を嘆いていたとしても、この時点で何や

 

ら、自分が結構な幸せ者に思えてきませんでしょうか。今のまま、現状のままで十分

 

に満足していい状況に思えてきませんでしょうか。

 

 更に付け加えます。

 

 たとえ今あなたが、うつ病で苦しんでいてもですね、生きて確りと呼吸している身

 

体をも持っているのです。いずれは回復することが約束されている身体を持っている

 

のです。大いなる阿弥陀仏の代理人たる身体を、です。

 

 つまり、あなたの真実の姿は「物持ち長者」なのですよ。たとえ、病気で苦しんで

 

いてもです。

 

 これもあえて申し上げておきましょう。

 

 『足るを知る』ということわざの意味は、「自分の取り分、持分が少なくても、欲

 

を張らずに満足しなさい」ということ、と一般の人々は捉えているようですが、そう

 

ではありません。真の意味は、「少ないように思えているでしょう。でも本当は、あ

 

なたは十分な物持ちだったのです。その事に気づきましょうよ」ということなので

 

す。

 

 これは余談ですが、兎角ことわざというものは、その本当の意味から逸脱した意味

 

合いで使われているものが多いものです。

 

これは、何とも残念な事です。人生をより良く生きていくために考え出された先人の

 

知恵が正しく用いられていないということは大変に勿体無いことなのですね。

 

 例えば、『情けは人のためならず』なのだから、「安直に情を掛けてやってはいけ

 

ないのだ」、というのではありません。これの真の意味は、「自分が他人に掛けた人

 

情は、いずれは巡りめぐって我が身のためになる」、のだから、〔他人に、ではなく

 

自分への施しと捉えて”謙虚”にやりなさい〕、いう戒めなのです。

 

 或いはまた、『目には目を、歯には歯を』は、復讐を正当化するための言葉ではあ

 

りませんのです。「他人の目や歯を傷つけてしまったなら、自分の目と歯をもって償

 

わなければならない」ということなのですね。〔悪さをした場合は”等価のものでの

 

代償”が要求されることになるのだよ、このことをよくよく心に留めておきなさ

 

い〕、という訓戒の言葉なのです。

 

 いずれには、間違った解釈をされていて折角の教訓が活かされていない俚諺等を拾

 

い集め、”もったいない俚諺集”とでも銘打ってこのブログの場で披露してみるのも

 

面白いでしょうね。考えてみましょう。

 

関連記事

アーカイブ