円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『悩みや苦しみ、こだわりも天が私たちに与えてくれた人生の味なのです』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『悩みや苦しみ、こだわりも天が私たちに与えてくれた人生の味なのです』

 

 一昨日と昨日とに、「大いなる宇宙」などと大上段から話を切り出しました。

 

 でもですね、私たち人間は日常的に生じる小さな小さな出来事にもこだわるもので

 

す。いいえ、こだわることが出来るのですね。執着することが出来るようになってい

 

るのです。”こだわり”は人間に備わった能力のひとつなのです。

 

 要は、そのこだわりに、囚われることがなければ良いのです。偏執的なまでに囚わ

 

れることがない程度なら良いのです。ある意味ではホビーと同じことでもあるのです

 

からね。、こだわりというものは。

 

 ホビーなら、これは人々それぞれの得意な分野であり、その方面では”特異”な存

 

在でもあるということにもなるのです。

 

 ここで言っているホビーとは、ちょっと理解しにくいでしょうが人間関係の事柄も

 

加えて言っています。例えば、友人や隣人たちとの確執にこだわりすぎて悩むとした

 

なら、その悩むことをもその人の能力と言うことになるのです。悩む力を持っている

 

ということですから、その悩みにこだわれるのもその人の能力であると言うことがで

 

きるのです。こんなことを言われて、意外に感じる人も多いでしょうけれども。

 

 でも、”悩む”なら、”悩める”のですから、それも”悩める力”と言うことにな

 

るのです。”悩め得る能力”があるということになるのです。大宇宙の「大いなる存

 

在、つまり神や仏」から「その身に備え付けてやるから適宜に使いなさい」として与

 

えられた能力であることには間違いないのです。

 

 従って、人間は悩んでよいのです。そのような意味では、”苦しみ”も同じなので

 

す。”苦しむ”ことだって天から与えられた能力のなせる業なのですね。

 

 ですから、悩みも苦しみも「本来的には嘆かなければならない事柄ではありませ

 

ん」のです。

 

関連記事

アーカイブ