円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『広く学び審らかに問い慎みて思う、明らかに弁え篤く行う』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『広く学び審らかに問い慎みて思う、明らかに弁え篤く行う』

 

 かの有名な親鸞さんの著書「歎異抄」にある言葉で、人間の生活上の基本姿勢を説

 

いたものですね。

 

 「視野が狭くならないように広く知識を求めなさい」と言うのです。そして更に、

 

「物事の顛末は細部まで詳しく問いかけるのだよ、考え方も謙虚にして、分別も明確

 

にしなさい、その行いには十分に心を込めてな」、ということです。

 

 要は、「何事も疎かにはせず心を込めて丁寧にする」と、捉えておけばよいでしょ

 

う。日々、そんなような姿勢でおりなさいということです。心がけがそうなら、それ

 

なりに出来るようになるはずです。後は深みの度合いの問題ですからね。難しく捉え

 

ることはありませんのです。

 

 聖人の言葉と言うものは、本当は極めて意味深い内容の事柄を凡人が安直に取り入

 

れやすいように優しくやさしく語りかけてくれているはず。そんなですから、そのお

 

言葉に真面目に接しながらも凡人の私たちですので気楽に考えさせて頂いて良いので

 

す。罰は当たりませんでしょう。

 

関連記事

アーカイブ