円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『人々に襲い掛かる全ての悲劇は誤解から生じるのです』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『人々に襲い掛かる全ての悲劇は誤解から生じるのです』

 

 誤解というものは無知と無理解から生まれます。大変に残念なことには、誤解が悲

 

劇を作り出すことです。そしてその悲劇は誤解された側にのみ訪れる。罪は誤解した

 

側にあるのに、です。

 

 それならばどうしたらいいのか。

 

 加害者側にならないようにするには、前回のスピノザさんの言葉通りの心がけを怠

 

らなければ良いでしょう。出来切れるかどうかは兎も角として、そのような姿勢だけ

 

は保っておけばよいのです。

 

 被害者側に立たないようにするにも、そのための指針はございます。『李下に冠を

 

正さず』と言うことわざがそうです。「スモモのような実が生(な)っている木の下

 

では、頭に手をやる仕草が果実を盗っているのではないかと疑われることになるか

 

ら、被り物を直すようなことはするな」というのです。この戒めの通りにして、自ら

 

誤解を招くような振る舞いは極力避けなければならないことを常日頃から念頭におい

 

ておくことが肝心となります。

 

 でもですね、いつも気を張っていなければならないのでは、これは疲れます。しん

 

どいのです。

 

 たまには腹をくくって、「誤解するならすらするがいいさ、どうせそちらの判断能

 

力が高いか低いかの問題なのだからな」って開き直ったような気持ちで下駄を相手側

 

に預けてしまうのもいいものです。気楽に生きて行きましょうよ。

 

 これなども一昨日に言及したのと同じように、”気鬱”なんぞとは縁を持たない資

 

質を得る心構えではあるのです。

 

関連記事

アーカイブ