円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『人間は全て人生の初心者である。思い通りに進まぬのは当然のこと』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『人間は全て人生の初心者である。思い通りに進まぬのは当然のこと』

 

 相談に来るあらゆる悩み人に、先ず語りかける私の言葉です。全ての人々にとって

 

人生上の出来事は初めて出会うことばかりなのですから、その対処方法に戸惑ってあ

 

れこれと思い悩むのは当然のことなのです。

 

 あっちを取るかこっちにするかと散々判断に迷った末の決定が、その後の自分の人

 

生に絶望的な結果をもたらせてしまったということになったとしたって、自虐的にな

 

ってしまうのは筋違いであろうと私は思っているのです。初めての人生経験なのです

 

から、望んでいた生活環境とは縁のない間違った人生道を歩んでしまったからとて仕

 

方のないことです。

 

 実を言うと、私自身が社会的な成功者の範疇(はんちゅう)から外れる人生を送っ

 

ているのです。若い頃から、努力することや頑張ることが苦手で、自分がそんな状況

 

に身を置いた場合は、楽をする方向にばっかり目を向けていたものでした。これで

 

は、とてものこと成功者にはなりえませんでしょう。

 

 でも、現在の私には後悔はありませんのです。こんな人生も”可なり”と捉えてい

 

るのです。例えば普段、一等級の料理など味わうことが出来る身分ではなくても、素

 

朴ななりの食材に美味を見出していければ良いのですから、同じように現在の生活境

 

遇にそれなりの生活味を見出し、それをじっくりと味わっていければ、それはそれで

 

一つの人生であることに間違いは無いのです。

 

 本当のところ、人生とは楽しいか苦しいか、というよりも味わえたか味わえなかっ

 

たか、というような視点で捉えたほうが、人間としての現存状況を、より的確に価値

 

付けて判断できるのではないかと私は思っているのです。

 

 そんなわけですから、たとえ「えいや」とサイコロを投げて判断したからって、そ

 

の結果に大きな違いはないはずなのです。

 

きっと、たいした間違いにはならないはずなのですね。ですから、たまには運を天に

 

任せて気楽にやってみることです。

 

 余談になりますが、こんな考えをしていれば現代の流行病とでも言うべき”鬱(う

 

つ)病”なんぞにかかることなどあり得ません。気鬱になることは無いのですから

 

ね、”うつ”の気が寄り付かないのです、絶対に。

 

 読者の中に”欝”の方がおられたなら、電話をください。きっと、気持ちを楽にし

 

て差し上げられるでしょう。

 

関連記事