円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆『言い逃れは小人物の手、訳を話すは品格者の道』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆『言い逃れは小人物の手、訳を話すは品格者の道』

 

 人々は失敗(と、よそ目に見えること)すると言い訳をします。ミスしてしまった

 

原因をあれこれと言い立てるものです。傍(はた)から見ていると見苦しいものです

 

が本人は気づき得ないのです。失態を演じている自分の姿に思いが及ばないのです

 

ね。心に余裕が無いのですから仕方がありません。

 

 いいえ、”訳を言う”ことを難じているのではありませんのです。周囲の人々に理

 

解してもらうために、失敗の元となった事柄について筋道を辿って主張することは大

 

事なことです。失敗してしまった訳は言うべきなのです。そこに誤解が生じて後々

 

ギクシャクした状況にならないようにするために、”訳を言う”のは必要です。そう

 

すべきなのです。理屈を言う権利はあるのですから、その権利は行使すべきなので

 

す。道理として、そのような結果にならざるを得なかった事情を声高に言い募る権利

 

は厳然として存在するのです。

 

 でもですね、”訳を言う”はずなのに、そうではなくて、述べる言葉が”言い逃

 

れ”の意味合いを含んでいたのでは、これは救えません。責任の回避をあれこれと言

 

い立てる権利は、どのような立場の人間であってもありませんのです。

 

 ですから、全うな人間なら言い逃れとして取られる言葉を発することは控えます。

 

責任を回避する言動をすることを恥じるのです。

 

 相手の理性に働きかけて正しく解釈させようとする行動は高徳者の王道なのです

 

が、そうではなくて、もっぱら同情を求めて言い逃れに終始する言動は小人物の常套

 

手段です。

 

 人間社会において、このことは案外大事ですので繰り返して言っておきます。言い

 

逃れをするようでは心の底の浅さが知れるというものです。そのような人の言は食え

 

ません、いだだけませんのです。傍目にもみっともない姿が見るに耐えません。

 

関連記事

アーカイブ