円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!まとめ編。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!まとめ編。

 

 以上、ほぼ一月の間、君子の在りようを論じたことわざの主なものを題材にして人

 

格向上策を探って参りましたが、それもタネが尽きましたので、ここまでを振り返っ

 

て総括しておくこととします。

 

 君子の在りようを論ずることは、結局のところ「望まれる人格像」とはどんなもの

 

なのか、ということに尽きるようです。

 

 それで「原口風望まれる人格像」とでも言うようなものを書き出してみますと、次

 

のような十の言葉で括ることができました。

 

 望まれる人格像とは ; ①積極的であり、②自主的に考え、③主体的に行動し、

 

④自己容認と、⑤他者理解に努め、⑥プライバシーを尊重し、⑦現実を率直に認めな

 

がらも、⑧理想への道筋を探り、⑨善悪の判断が明確に出来て、⑩ユーモアのセンス

 

をも持つ。

 

 というところです。いかがでしょうか、これについてご賛同いただけますでしょう

 

か。

 

 繰り返します。「人生に対して積極的であり、常に自主的に考えて、どんなところ

 

でも主体的に行動するとともに、自分の存在を慢心や自己否定もせずに過不足無く評

 

価するとともに、他人の抱える問題をも我が事のように真剣に対処しながら、その

 

生活には決して干渉するようなことはしないのです。そんな日常的な事柄にも心配り

 

をしつつ、一方では一人の人間存在として、或いはまた自分の属している社会の一員

 

として常に現実的な諸状況を否定することなく受け入れながらも、成長欲は不断で

 

褪せることなく未来に向かってのあるべき人間、あるべき社会の姿を探求していく

 

者。その上で加えることが許されるなら、自分の周りに明るさを、自分の属する社会

 

に微笑を、と気楽さを持ち込め得る人物なら尚良し」という姿勢は、この世で生きて

 

いる全ての人々にそのまま当てはまる、人間の本来的なありようなのだと私は確信し

 

ておりますのです。

 

関連記事

アーカイブ