円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その26。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その26。

 

・『流言は知者に止まる』

 

 これは、古代中国の思想家であった「荀子」というお人の言葉で、”知者”とは君

 

子を指して言っています。「物事の本質を知っている人物」という意味合いです。昔

 

から語り継がれている「下種(げす)の口に戸は立てられぬ」に対する反意のことわ

 

ざとして、しばしば引き合いに出されるものです。

 

 何しろ、心根の低い人というものは、他人に言って良いことと悪いことの区別が付

 

かないので、見聞きしたことを何でも言い触らすからドンドンと噂は広まってしまい

 

ます。

 

 噂を立てられた本人が気の毒でなりません。しばしば自殺などの悲劇的な結果を生

 

じさせてしまいます。そんな他人の哀れを慮る君子の耳は人々の醜い心が伝え流す流

 

言飛語など、聞き込んだそばからあっさりと忘れ去るようにできているのですね。

 

 ですから、徳の高い人というものは基本的には他人の噂話をしないものです。褒め

 

られるべき良い話なら別ですが、その人の人間的評価を傷つけるようなことは極力避

 

けようとするものです。ましてや聞きかじりの似非(えせ)知識などは自分の目で

 

確かめたものでない限り口にはしませんし、たとえ知ってからとてその背景を十分に

 

察知できなければ、これまた言外しようとはしませんものです。更には、他人の事情

 

を聞き知ったからとて、それが自分自身に何の関連もない事柄ならば言及すること

 

さえ、憚(はばか)るものです。そんな権利は持ってはいないと、ですね。

 

 それより何より、他人に関する知識なんて、人間が持つ基本的欲求である知識欲の

 

範疇(はんちゅう)には入りませんのです。

 

原口風君子論

 

 『噂話を好まぬものは君子なり』

 

関連記事

アーカイブ