円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その12。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆ ”品格”を身に備えるにはどうしたら良いかとお悩みの方へ!その12。

 

・『君子は器(き)ならず』

 

〔「器」は、ある一定の用途にのみ役立つものを意味します〕君子というものは様々

 

な方面にわたって能力を発揮できるもので、あらゆる物事を実現する可能性を持って

 

いるというのです。

 

 このことにつき、君子というものは心に縛りがないから人間が有する全ての能力が

 

容易に出やすい状況になっているのだと私は思っております。

 

 ですから、諸事において物怖じすることなく首を突っ込み、手を出して主体的に行

 

動する人は君子なのです。また、心に大望を抱く人も大方がこの傾向を持っているも

 

のです。接するものの悉くが自分の能力の発揮どころと知っているからです。それら

 

を経験して行く道々が、目指す大望の導入路だとも承知しているからです。

 

 でもですね、何にでも積極性を以って行動する人は結果的に雑事が起こす煩亡に追

 

われ出して、日々に必要な大願成就のための道筋整備がとかく粗雑になり勝ちです。

 

 ではどうするか、です。先ずは、人心をつかむことが大事でしょう。幸いあなたに

 

はそのための道具が既にして手に入っているはずですね。”丁寧”がそうです。私が

 

このシリーズの「その4の『君子の九思』」で述べております事柄です。

 

 その道具を駆使して組織を作り、系統だった作業の分担を図ることです。そうする

 

と当然のこと、スムーズな結果が得やすくなりますから、作り上げる組織が複数

 

(2、3人の仲間グループをも含めて言ってます)あってもなんてことはありませ

 

ん。あなたが手を染めることごとくが順調な発展を得られるようになるはずです。

 

 そうなれば、あなたの下には企業コンツェルンならぬ団体コンツェルンが出来上が

 

ります。こうなると強いですよ。あなたが住む地域の市民パワーとなって地域市民の

 

生活活性化に大きな貢献をすることになりますからね。”丁寧”と言う概念を絆に結

 

集した人々の成しうる事業は分野を問いません。どんな事柄にも確かな結果を紡ぎだ

 

すこと、必定となるに違いありませんでしょう。

 

  早い話、なんにでも積極的に入り込むような興味の範囲の広い人や行動力の逞し

 

い人というものは、そのように大きなものを創造する能力を兼ね備えているものなの

 

です。才人が埋もれていてはもったいないですからね。

 

原口風君子論

 

 『君子は随所において主体的なリ』

 

関連記事

アーカイブ