円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ 「『病気を治ろうよ』のシリーズを再開するに当たって」、その6。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆ 「『病気を治ろうよ』のシリーズを再開するに当たって」、その6。

 

 さて、その別な観点を提示いたしましょう。

 

 皆さんが電車に乗ろうとする際のことから説き起こします。自分が乗った電車がま

 

だ走り出さないうちに、隣のホームに停車していた電車が先に動き出したとすると、

 

つい錯覚が生じてまるで自分の方の電車が動き出したように感じる事がよくあるもの

 

です。そうした場合の錯覚状態では、心も体も(内臓器官ももちろんですし、それら

 

の分子構造レベルでさえも)完全に自分の側の電車が出発したものとして感じ取って

 

高揚しているものです。それは、隣の電車が行過ぎてから生じるこの高揚感の急激な

 

落ち込みではっきりと分かるものです。

 

 このような現象は、車を洗車機に入れた際にも生じますので、「なるほど、そう

 

だ」と、うなずいてくださる方々も多いはずですね。

 

関連記事

アーカイブ