円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆2、「吾の心と我の心」その7。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆2、「吾の心と我の心」その7。

 

 ですが、自然界の動植物に吾心はありませんのです。いいえ、まるっきりないとは

 

言えないかもしれませんですね、かれ等だってかれ等なりの社会は持っているのです

 

からその進歩が図られる機能を多少は持っているでしょう。たとえば蝶々たちだって

 

群れを作りますから集団内のルールの向上を企図する機能はあるのでしょう。でもそ

 

れは人間たちのものに比べたら段違いであることは確かです。人間の社会的進歩を工

 

夫する知恵は格段に高いのですからね。

 

 したがって集団社会に直接働きかける吾心とは人間だけに限定される属性と言って

 

しまってもよいものなのだと思います。そのように断定して論を進めることにします

 

ので皆さんご了承願います。

 

 さて、もう一方の吾心については言わずもがなのことでしょうから説明は無用にし

 

てよろしいかと思います。昔っから人間社会の質的向上を意図する道徳論は絶えるこ

 

となく栄え続けているのですからね。皆さんのようく知っている範疇(はんちゅう)

 

のものです。〔厳密に申しますならこの部分においても私なりの一薀蓄(うんちく)

 

がありますのですが、また脱線気味になってしまうので止めにしておきます〕

 

関連記事

アーカイブ