円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の⑦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の⑦。

 

 それなのにです。世の中、生きる価値を見失って苦悩している人々が大変に多いも

 

のです。なんとも哀れでなりません。皆がみんな人間であれば誰でも彼でもが自分の

 

存在価値を測りかねて云々するなんてハナっから無用なことだと『天上天下唯我独

 

尊』が明言してくれているのを知ってくださればよいのですが現実は勿論そうなって

 

はいないのです。なんとも気の毒に思いますとともにその方々の人生がもったいない

 

ものにも感じられてなりません。痛ましいことです。

 

 そんなような状態に陥ってしまう原因は明白です。自己の価値評価を自分自身では

 

なく他人にゆだねてしまうからなのです。他人が自分をどのように遇してくれるか、

 

自分の存在をどのように観て対応してくれるかに常に腐心するものですから心が乱れ

 

やすいのです。自分のことなのに他人次第で一喜一憂するようになるのですね。確か

 

な自己評価の基準設定がどのようであると良いかを知らないものですから、それを他

 

人に求めてしまうのです。これは無駄ですし無用ですし無理でもあるのです。場合に

 

よっては無理解とも言えるものなのですね。自分自身に無理解なのです。これって、

 

ある意味においては悲惨なことです。人一人の人間性が見殺し状態になっているので

 

すからね、むごいのです。

 

 このことについてこれ以上に言及することはこのシリーズの趣旨に沿いませんです

 

ので、いずれ別途にて述べさせていただきます。

 

今日の一言

 

 『アーメン』、『偉大なるアラーの神よ』、『南無阿弥陀仏』(浄土宗系)、『南

 

無妙法蓮華経』(日蓮宗系)、『南無大師金剛遍照』(禅宗系)、そしてわれ等の『南無

 

天上天下唯我独尊』です。なんともありがたや。

 

関連記事

アーカイブ