円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の④。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の④。

 

 お釈迦様が生まれて直ぐに語ったとされる『天上天下唯我独尊』という言葉はその

 

辺のことを指しているのではないだろうかと私は考えていますのです。通説でありま

 

す「ただ我、独りのみ尊い」というのは実は正しいものではなく、「ただ我、独りが

 

ゆえに尊い」というのが真意なのだろうな、と思っているのですね。そのように解釈

 

するほうが仏教の説諭論的には合致するのです。たとえそれが東南アジアに広まって

 

いった小乗仏教でありましょうが中国や日本で盛んになった大乗仏教でありましょう

 

が、です。

 

 そもそもゴータマ・ブッタ(釈迦の本名)さんを本来的な姿であるヒンドゥ教のヨ

 

ガ行者として観てみるならば、元々は一人の求道者なのですから悟り得た救いの道筋

 

がつまりは”個”人としての人間性の在りよう、捉えように終局していったはずなの

 

ですね。そうだとしたなら、やっぱり「我一人が尊い」のではなく「一人の我が尊

 

い」と解釈するべきものなのではないでしょうか。そうであってはじめて”吾(わ

 

れ)”にリッシン遍がついた”悟”りに到達し得るものなのですからね。

 

今日の一言

 

 『天上天下唯我独尊』とは、「我一人が尊い」のではなく「一人の我が尊い」とい

 

うことなのでした。

 

関連記事

アーカイブ