円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の②。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆1、「邪念除きのための根源的な四つの概念」その4の②。

 

 これを書き綴っている私の側にはビールがあります。コップの中で琥珀色の水面に

 

絶え間なくブクブクと小さな泡が浮いては消え、消えては浮いてを繰り返しながら私

 

ののど中へと早めの流れ込みを待っているようです。

 

これって私には珠玉の時間です。私にとってはありがたい”生きていることが実感で

 

きる”瞬間なのです。至福のひと時なのですね。生きて、存在して、一人の人間とし

 

てここに居るのです。いえ、居るというより在るのです。私は宇宙の中の存在人なの

 

です。それはそれは小さな小さなチリですが、”ビールが美味い”と感じている、感

 

じることができている存在人なのです。

 

 そうです、そうなのです、こんなときに私はこの世の中でのたった一人の存在であ

 

ることを感じ取れるのです。いいえ、草深い茂原市の片隅に在って2009年2月2

 

3日の未明にひっそりと(妻に気づかれないように)一人でビールを飲んではわが家

 

の坪庭で小さく健気に咲いている八枝ほどの紅梅の匂いを嗅いでいる「原口證」と言

 

う人物はそれこそ世界で一人どころではない人類史上でも唯一無二の存在なのです

 

ね。

 

 「原口證」である私は今、ここに唯一にして無二の人間として確かに存在している

 

のです。他の誰とであっても交換することができない有機物体なのです。

 

今日の一言

 

 生きている実感とは”個人”であることを直かに知った瞬間に得られるのです。

 

関連記事

アーカイブ