円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

☆ 人に好かれるためのハウ・ツーニ日目「褒め言葉のご利用を」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

☆ 人に好かれるためのハウ・ツーニ日目「褒め言葉のご利用を」です。

 

 私たち人間通しが些細な差に悶々していることがわかったのですから、喜びや楽しさもささやかな事柄から生じることになります。そんな効能を逆手にとって他人に気に入られる方法を生活に採りいれましょう。容易に他人を喜ばせることのできる褒め言葉を使うのです。

 

 他人に嫌われるタイプは大体にして褒め言葉を言い出す事がありませんものです。心に余裕がないから他人の良い所に目がいかないのですね。
 ですがコツがあります。他人の良い所に気づき得ない性情をしていても相手に打ち解けさせるコツはあるのですからご安心ください。
 コツは単純です。相手の状態を評して暖色系の言葉を用いればよいのです。「いつも穏やかですね」「優しいお顔ね」「笑顔をありがとう」「服がきれいだね」「笑った顔が青空のよう」「仕事が丁寧だこと」「背が高いのね」「(値段が)高そうな靴だこと」等など、どんな言葉でも結構です。簡単なもので良いのです。長ったらしい言葉は無用ですし、むしろ単調なほど率直な感想となるので聞く人に好感を持たせるものです。これ等の一言でずい分と相手に好感を持たせることができるものです。

 

 明確にしておきますが、お世辞で褒め言葉を述べなさいといっているのではありませんし嘘をつきなさいと言っているのでも勿論ありませんのです、当然のことですが。

 

今日のポイント

 

 人の好かれる魔法の言葉、それは暖色系語(私の造語)です。

 

関連記事

アーカイブ