円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

こんなにもある暗記の効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記憶量世界一との称号をいただいている私です。暗記術についても順々に陳述してまいりましょう。

 

記憶術

 

こんなにもある暗記の効能
 暗記は心と身体に窮めて良い効果をもたらします。私が暗記を心掛けるようになってから得られた結果を下記に列挙しましょう。
 誰でも何かを思い出そうとするときには必然的に心を安定させて集中しようとするものですが、これを長く続けることは瞑想の積み重ねや仏事修行するのと同じことになります。つまり、

 

 心や精神面では、自ずと心が静まるから、
  1、平常心が醸成され、
  2、雑念が取れて心に深みと広がりが得られる。
  3、それゆえに包容力が付き、
  4、温和で大らかになって、
  5、気後れが取れ積極性が出るので
  6、何事にも喜んで携わろうとする、
  7、前向きで明るい毎日が得られる。

 

 頭脳面では、血の巡りが良くなるから、
  1、脳細胞の末端まで酸素が十分に行き渡るので、
  2、思考力がつき、
  3、蓄積した知識も出やすく、
  4、思いつきや閃きも多くなり、
  5、判断材料が増えて、
  6、下す結論も的確になる。
  7、よって仕事や学業の成績が向上する。

 

 身体面では、呼吸が整うから、
  1、心拍の乱れが無くなり、
  2、動脈も静脈も活性化するので、
  3、交感神経、副交感神経ともに順調になり、
  4、内臓などの体の諸機能の働きが良くなって、
  5、運動神経も触発され、
  6、敏捷性が増長し出す結果、
  7、コツを直感的に掴みスポーツ全般をこなせるようになる。

 

 以上のように暗記の効能は良いことだらけの悪いことなし、なのです。身心を健康に導き頭脳の可能性を拓くものなのです。
 こんなにも大変結構なものを知ってしまった以上、どうして皆さんに勧めずに安穏としていられましょうか。

 

 という訳で今後、皆さんの誰もが気軽にできる記憶型瞑想法を身に着けられるよう追々、原口ワールドにご招待申し上げます。どうぞご期待願います。

 

関連記事

アーカイブ