円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 記憶能力の二元性 ~Ⅰ・Ⅱ型記憶~ 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《 記憶能力の二元性 ~Ⅰ・Ⅱ型記憶~ 》

 

さて、ここに於いて改めて“Ⅰ型記憶とⅡ型記憶”の違いにつき、明確にお伝えできる状況となりました。

 

  • これまでの覚え方で仕入れた知識の【あつかましい】が“Ⅰ型の受動的な記憶”ということになります。ほぼ“受動的に見たまま、聞いたままで認識したもの”ですので。
  • そして、言葉の大家族として捉えた場合の【あつかましい】が“Ⅱ型の能動的な記憶”ということになるのですよ。“自ら【意】を以って創り込んだ品質の高い記憶”ということになります。

 

このⅠ型、Ⅱ型の違いについて、もう少し吟味しておきましょう。

 

  • 皆さん、日常にはすっかり忘れている事柄が、その関連する場所や物に出会うと思い出すことがありますね。例えば、昔通った小学校や古い写真を見たりした時がそうですよね。

 

  • つまり、これが“1型記憶”で、この類は情感で稼働する性質を持っております。

一人暮らしの【あつかましい】がこのタイプですね。

 

  • Ⅱ型記憶とは、それが必要な時に苦もなく思い出せるものです。篭られた情趣が引き出しとなるのですよ。単なる言葉に、“情趣を盛り込んで創造していく認識法”ということですね。

【あつかましい】を大家族と見立てた場合が、このタイプに属します。

 

  • 但し、これは“ヒラメのタチウオ化”程度です。細身、長身の太刀魚のように動きも速くはなりますが“トビウオ化”とまでは言えません。

これを持ち出すには、もうチョッと話の流れが必要です。

 

では、また。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ