円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

『 特級レベルの学び方 』その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《 学びの世界もファンタジーで楽に ~【空想】で成績アップ~  》その1

 

【空想】は学業の世界でも大きな効能を発揮いたしますよ。これこそ”特級レベルの学び方”であろう、と自負しているくらいです。

 

さて、大概の若い人々は空想好きですね、先生の話を馬耳東風とばかりに教室の窓を眺めながら空想に耽るものです。

 

で、その夢見がちな頭脳を学びに活用したなら成績上昇も容易にできるはず、というわけです。以下に具体例を提示しますね。

 

  • 〔例Ⅰ〕;1637年、無念な思いで死んでいった【天草志郎】が、ちょうど200年後(‘37年)【大塩平八郎】に生まれ変わって、また世直しをしようとした。負けはしたが諦めず、その魂が今度は【ペリー提督】の心に乗り移って、この世に又々現れながら言ったのさ「日本は誤算(‘53年)している」と。

 (なお、年号を覚えるには下二桁のみ念頭にすれば十分です)

 

  • 奮戦している四郎と平八郎、それに望遠鏡で江戸城を見つめているアメリカ人の大男を思い描きます。

 

  • 〔例Ⅱ〕【アセトアルデヒド】の示性式は【CH3CHO】。これにつき、「電車ごっこの炭が二つ繋がっている。前の炭には3個の水滴が付いており、後ろ側には水滴1個と小さな火が点る所がある」(小さな…、は酸を意味する)

 

  • 水滴や点火した窓がある“炭の電車”がジオラマのように自分の周囲を走り回らせましょう。パンタグラフは杯です。

 

以上のように、【空想】してみましょう。その仕方も“まぶたの裏”か、或いは目の前の空間に展開してみるのですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ