円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

私の趣味『 夜明けの歩く老人ラッパー 』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『 夜明けの歩く老人ラッパー 』

 

世の老人たちは散歩を好みましょう。70歳の私も同様、ほぼ毎朝に散歩しています。

ですが、私は睡眠時間に頓着ないものですから起床時刻がむちゃくちゃです。従って未明には目覚めている時も多いので出る時刻が逡巡ものなのです。あまりに早いと気がひけますものね、泥棒と間違われてもいけないので、3:30以降なら可としております。

 

さて、今朝がその3時半でした。

家を出て間もなく〔約7,5㎞〕離れた九十九里浜の波音が【ゴーッ】と聞こえてきます。この季節は、そうなのです。日によって高低差が随分とありますが、でも大概は2

0分も歩けば聞こえてまいります。

 

私は速足なので〔7㎞/時〕で歩けます。短足ではありますが健脚でもあるのでした(天は二物を与えてはくれませんが、一物なら容易なのでしょう)。

で、その歩調がテンポいい(自分で言うのもなんですが)ものですからね、ツイ景気づけにラップが口を突いて出るのですよ。つまり、早起きの老人ラッパーだというわけです。

 

ですが、これが酷い。ラップとして出るべき言葉がそもそも殆どないのですからね、貧相なラッパーなのでした。

♪♪ まいにちげんきだ、トットコすててこ、それゆけやれゆけ、なんだよこのみち、ほそうがボロボロ、こわれてカケテル、でこぼこボコボコ、とてちてチテテコ、ヒバリよキジもよ、げんきなきみらも、はやからでている、こもりのためかよ、なかまをよぶのか、あいうえカキクケ、さしすせタチツテ、…♪♪、という具合に単調極まりない哀れなボキャブラリーぶりなのですよ、笑えましょう。

 

語彙の少なさ極まれりというところですね、【五位サギ】ならぬ語彙詐欺ラッパーだというわけです。

 

以上、路傍の草木たちが頬を寄せ合ってクスクス笑うのが聞こえてきそうな老人ラッパーの散歩情景でした。

いえね、私自身も苦笑しているのですよ。「こんな年寄り、そうそう居ないだろう」とですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ