円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 積もった“ちり”は崩れない 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《 積もった“ちり”は崩れない 》

 

{これは私、原口が馴染み親しんでいる自分の腕時計に仮託して日々の心情を語る話です}

 

 

世の俚言に【チリも積もれば山となる】というのがあります。

 

この度の件で彼も、それを実感しているようです。

 

それに加えて“積んだチリが崩れて無駄になることは絶対にない”とも信じ込んだようですよ。

 

経験したことは、必ず我が身の糧になる、と思っているのですね。

 

もちろん、随分と時がたてば、その経験で得た力も薄まりましょう。

 

ですが、希薄にはなるが、“消えることはない”と確信しております。

 

つまり、継時劣化は勿論、劣化であって“消え去ることはない”ということにつき身を以って感得したようなのですよ。

 

実は、今回の「100㌔ウォーキングの完歩」が出来たのは、これまでに積み込んだ心身の在りようの上に成り立った事をシミジミ噛みしめている、ということらしいのです。

 

要するに、日々の経験というものは、その全てが積み重なっている、ということですね。

 

“ヤマから崩れ落ちて無駄になる経験というものは一つもない”と知ったらしいのでした。

 

なお、俗に【努力は嘘をつかない】とも言います。

 

努力嫌いな彼は、これにつき“【経験は背を向けない】”と言い換えております。

 

“経験が本人に背信行為をすることはない”ということなのでしょう。

 

【チリ】と呼ばれる日常の小さな経験であっても、人生に於いて本人の糧になるものばかり、ということでしょうね。

 

「気付いてみれば当たり前のことだが」とは、彼の独り言でした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ