円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《 “見物人の知識”とは! 》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“見物人の知識”とは!

 

〔見物人〕ですからね、仕入れる知識も見たまま、聞いたまま、字面のままで受け入れますから、個人の情感が入り込まないのです。

 

その例を挙げてみましょう。

 

  • 〖例1〗、【蒲】と【捕】、【葡】、【舗】等が〖甫〗の仲間だとは、殆どの人々が気づいておりません。学校で“偏や旁でくくる”という習得の仕方で覚えて以来、それから抜け出しえないからですね。また、【近所】と書き綴っていながらも、その二字が“〖斤〗繋がり”だと気づかずにいる人も意外と多いものですよ。

 

  • 〖例2〗、【○○いすだに】や【○○かましい】の〖○〗にどんな文字が入るかを即座に答えられるお人も随分と少ないものです。もしも、【鶯谷】と【厚かましい】に〔いす〕と〔つか〕という言葉が使われていることに気付いていれば別ですが。また、反対から読むと〔すいぐ〕や〔いし、しま、かつ〕等もあるのですが、この事にまで求め得る人物は、ほぼ皆無でしょうね。

 

  • ちなみに、【厚かましい】につき、もっと厳密にみてみましょう。〔圧、など〕、〔塚、など〕、〔窯、など〕、〔増し、など〕、〔恣意、など〕、尻から読むと〔石、など〕〔縞、など〕、〔魔訶〕、〔勝、など〕、〔ツアー〕と、それは大量の言葉を含んでいるのでした。

 

以上につき、“孤独な知識になっている”と言っている意味をよく理解して頂けたのではないでしょうか。

 

このこと、漢字や言葉が持つ〔気〕に語りかけるようにすれば気づくようになってまいります。“〔気〕とは、その成り立ち方”なのでもあるのですからね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ