円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

《認知症改善策、〔意欲〕の出し方は?》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

《認知症改善策、〔意欲〕の出し方は?》

 

認知症を患った大方のお人は〔気力〕が萎えていましょうし、衰えてもいるのではないかとお察しいたします。

 

ですから先ずは、症状の改善を意識できるように〔意欲〕の醸成を図りたいものです。

 

もちろん安直には進みませんでしょうが、私は大いに可能だろうと推察しておりますよ。

 

日々に生きて食事をしているのですからね、必ず〔意欲〕は身の内に潜んでおります。待機し出番を待っているはずですゆえ、水を向けて引き出してやれば良いだけのことですので、作業そのものは単純なのですよ。

 

で、それを引き出すトリガーとなるのは〔物足りなさ〕です。

 

〔物足りない思い〕が心に生じたならば、それがそのまま改善しようとする〔意志〕や〔意欲〕に直結し、それを誘発するように働くのです。

 

もしもそれが、たとえ僅かなものであったとしても歩みが始まったことは確かなのですからね、〔希望さん〕は腰を据えてくれましょう。

 

ということは、つまり、ですよ。

 

その過程に〖努力〗という言葉は無用なのでした、ガンバリは要らないのですよ。難行苦行は排除できるのです。

 

“理にかなった成長への道筋には必ず〔希望〕と〔喜び〕が随伴しますからね、苦痛は添いませんのです。

 

さー、そんな背景を理解して頂いた上で次回、その〔物足りなさ〕を実際に認識して頂きましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ