円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〖頭脳の垢おとし〗をしよう!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〖頭脳の垢おとし〗をしよう!⦆

 

読者から〖頭脳の垢おとし〗なる響きの良い言葉を頂戴いたしました。

 

“頭脳の洗浄、我が意を得たり”とばかりに早速、これをテーマに考察してみましたのでご紹介しましょう。

 

ですが、先ず以って申しておきたい事がございます。

 

一般に大人の思考は世事や人付き合い等の日常事のみに陥りがちであり、しかもそれには必ず雑念が付き纏いましょう。

 

そこに好悪、嫌疑、倦怠といった邪気が混じり込み“純粋な思考”とは言い難いから、逆に“頭脳の垢”が溜まる一方なのですね。

 

なので、この際は小学生に戻って“雑念を排除した思考での頭脳運動”を行ってみるのも良いものですよ。

 

というわけで〔算数〕を持ち出しました、何十年か振りの計算をお勧めしたいのです。算数、数学の類は俗事から最も遠い分野であり〖頭脳の垢おとし〗にはお誂え向きなのですね。

 

さて、世の中には紙上での計算なら安直に済ますが〔暗算〕となるとソッポを向いて避けたがる人がいるもので、“〔100-3(の繰り返し)〕程度な計算”でさえ苦手な方も結構いるものです。

 

で、この〔100-3(の繰り返し)〕をミスせず最後の〔残数=1〕に到達できる人の割合を「1/10人」と仮定してみましょう、“当たらずとも遠からず”な筈ですので。

 

尚、“これを散歩しながら行うだけでも認知症の改善になる”とのよく知られた話がありますね。そのくらいの難易度でも脳細胞にとっては結構な薬になるということですよ。

 

ならば、計算を〔300-7(*)〕に替えたなら認知症なんぞは治癒してしまうのではないでしょうか、その方が難しさは増しますから散歩も省けましょう。

 

  •  * 〔100-3×33=1〕なので、それに合わせると〔300〕が母数となる。

 

え?「その前に〔200-5〕があるじゃないか」と質しましょうか、ですが〔5〕単位での切り替わりでは計算が安直になりますから除きましょうよ。

 

長くなりますから、この後は次回に致します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事