円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅〔100-3〕が出来ない理由⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅〔100-3〕が出来ない理由⦆

 

“〔100-3(の繰り返し)〕計算”が苦手な人は、もちろん“残数を憶えていられない”からだということは明白ですね。

 

がしかし、その場合の大方は“憶え方が闇雲”になっているだけのことなのですよ、従ってコツを用いれば済むことです、それは在るのですからね。

 

取り敢えず、対策案を三つ用意しました。

 

  •  ①、残数を“〖まぶたの裏の黒板〗に想い描く”という方法。

 

通常、皆さんが行う計算式は次のものです。

 

「100-3=97-3=94-3=91-3~」ですね。

 

この〔97、94,91、~〕の記憶法が“闇雲状態”だからミスるので、それをシッカリと〔まぶたの裏〕に想い描きましょう、想像で書くということです。

 

実際には見えなくても効果は確実にありますよ、ソロバンが出来る人の暗算(珠の想像)と同じ理屈ですからね。

 

  •  ②、引く回数を数える方法。

 

「100‐3×1=97、100-3×2=94、100-3×3=91、~」

 

つまり、掛ける回数だけ憶えていれば良いのですから楽なものでしょう。

 

で、その回数も“指折り数え”すれば極めて安直です。

 

  •  ③、〔①項〕での残数につき、〔硬貨〕に置き換えた方が分かり良いお人も居られましょう。数字は抽象文字の類ですからね、それよりは具体的に1円、5円、10円、50円、100円、500円それぞれの硬貨に映像化すると明確度が上がるものです。

 

以上、いずれの方式も計算をスムーズにしてくれますこと、分かって頂けますね。

 

さて、これにて読者の皆さんは「1/10人」(*)となること間違いないですから、チョッと試みて下さいな。

 

  • * もちろん、ソロバンが出来る人は論外です。

 

続きは次回にしましょう。

 

尚、これらの〖頭脳の垢おとし〗で確実に浄化されることにつき、我が身を以って確認できていることを明記して置きましょう。

 

日々に重ねる邪念、怨念、情念等に関わる知識の類は粘性の高い血流を持ち込むので酸素欠乏気味となり、長いい間の結果として〖頭脳の垢〗に変容するのではないかと私は推定しております。

 

もちろん、この垢は生ものですから腐りましょう、処置せねばなりません。

 

幸い今、提案中の“算数暗算”がサラサラ血流となって排除してくれますでしょう故、是非にもお試し願います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事