円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅“草なのに木の仲間”って何?⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅“草なのに木の仲間”って何?⦆

 

今回は自然界からの出題です。

 

  • ◎ 草花なのに“木の仲間”にされているものが有りますが、それは何でしょう。

 

皆さんがよく知っているものですが、しかしナカナカ想いつかないだろうと推察しております。かつての愚生もその“矛盾”に長い間、気づかずに居たものでした。

 

さー、この“木の仲間にされている草”で答えられないお人向けに今後の為のアドバイスをして置きましょう。

 

問題というものは次のような〔ヒント〕の量や質で答え易さが違ってまいりますね。

 

  •  ① 秋咲きである。
  •  ② 花は藍色である
  •  ③ 二字の漢字表記で、下には【さら】がつく。

 

これ等により「あー、そうだ〔○○〕だ」となりましょう。それ等の属性を並べられて、はったと答えが閃くわけですね。

 

さて、昔、愚鈍なゆえに親や先生から事あるごとに「よく見なさい」と言われて居たものでしたが、その“よく見る”ための方策を誰からも教えては貰えなかった事が長い間、掛かりながらも分かったのでした。

 

物事に接する際に、その属性につき幾つもの観点から認識して置けば済むことだ、と想いが至ったという訳ですよ。

 

そうして、その複合的認識法そのものが即、記憶濃度を高くすることでもある、とですね。先日、論じた“〔富士山〕とその仲間たち”も同様だという訳でした。

 

まー、気づいてみれば、何とも当たり前の事ではあるのでした。これにつき、世の物事の全てに当てはまりましょう。

 

さて、昨日の問題の答えです。

 

  • ◎ 《 train(列車) er(人)= trainer(トレーナー)

 

ここで、冗談話を一つ。

 

“列車+人 トレーナー”とは、これいかに?

 

アメニティー(雨にT)を【t・rain】と言うがごとし。

 

お後が宜しいようで。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事