円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅ 同じ漢字で意味が違う! ⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ漢字で意味が違う!

 

つぶさに吟味しようとする頭脳に後退は有りません、ひたすらに発展があるのみです。

 

ですので、今回も言葉に関する見極めを云々してみましょう。

 

さて、同じ言葉でも読み方で意味が違ってくる言葉は結構ありますね。

 

例えば、音読みと訓読みとで違ってくるものとして【上手;じょうず、かみて、うわて】や【下手】が挙げられましょう。

 

一方〔熟字〕(何々)は、読み下しても(何を何する)と、同じ意味になりますね。

 

これも例えば、【合法=法に合う】であり、【挙手=手挙げ=手を挙げる】等のように、ですよ。

 

然しながら、そのような文字群の決りや柵(しがらみ)には入らないものが“一つだけある”のですよ。

 

で、今回はそんな珍しい言葉につき問いましょう。

 

  • ◎ “名詞形 読み下し文”となる言葉は何でしょうか。

 

 

次は、昨日の問題の答えです。

 

  • ◎ 【エキストラ】と【へきえき(辟易)】でした。皆さんには簡単すぎましたでしょうね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ