円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅【精】の訓読みが面白い!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅【精】の訓読みが面白い!⦆

 

漢字と日本語との組み合わせには愉快なものが結構ある、という話をまた二つほど提供しておきましょう。

 

【府】の訓読みには〔①くら、②やくしょ、③みやこ〕というのが有ります。

 

これにつき、②や③は、知ってみれば直ぐにも“ナルホド”と想われます。

 

加えて、〔①蔵〕という意味もあるのには一瞬の間の後、これまたナルホド、ですね。 多分は“年貢米を納めた場所”という事なのでしょう。

 

 

さて、次が問題ですよ。

 

★【精】を名詞とした場合の訓読みには、一呼吸二呼吸した後の更にその後々に、ようやっと“ナルホド、なのかな!”と、その絶妙な感じが理解されだすでしょう、きっと。

 

 

  • ◎ では、それは何だと想われますか。 ヒント;〔精霊〕という言葉と相通じます。

 

 

次は、昨日の答えです。

 

  • ◎ 【校】でした、これも〔かんが・える〕なのですね。 正しく、〔学校〕は“学び、かんがえる所”だったという訳でした。

 

 

尚、敢えて申しておきましょう。

 

この場に愚生が提供している話題につき、多分は皆さんが結構な期間、忘れずにいる事をお気づき下されますようお願いして置きましょう。 俗事を離れた思考や考察というものは脳細胞へのインパクトが強いものですからね、記憶に止まりやすいのですよ。 つまり、逆説するなら、俗事的意味合いが濃いものほど忘却しやすい、という訳でした。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ