円周率世界記録を達成した原口證が、自らの人生経験から得た教訓やコツについて、書き綴るページです。

⦅要は“能動的生活”です!⦆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

⦅要は“能動的生活”です!⦆

 

さー、〔里帰り〕の効果が示されましたよ。

 

〖根底的な記憶への回帰で得られる効能〗という訳ですね。

 

これが、〔認知症〕の予防と改善にも大きな実績を導きだして呉れますでしょうこと、ほぼ断言できますよ。

 

“〖根底的な記憶〗(幼児体験など)が生じた場”へ帰り立ち、記憶を再認識してみると大きな効果が得られる筈だと推測しているのでした。

 

私たちが精神的世界を構築し始めた頃の光景を再認識できる場所につき、訪ね歩いてみましょうよ、“さすれば得るもの夥多ならん”、という訳ですね。

 

つまり、我が身の深層に根付いている記憶や先祖累代から引き継いでいる精神性を顕現させてみるという事です。

 

そうすれば、きっと得るものが随分と多い筈なのですからね、真に能動的な人生の構築を図ろうとする姿勢も芽生えてこようという訳ですよ。

 

そんな前向きな頭脳に病は寄りつきようがない、と愚生にはほぼ断言できるのでした。

 

さて、皆さん。人間は当然に動物ですね、“動く生き物”です。

 

従がって、身体の諸器官は働き動くことを前提に出来ておりましょう、例えば脚は我が身を移すための道具ですから移動量が少なければ筋肉は細りますね。

 

同様に、“頭脳は思考の分野で稼働する道具”ですので、考察量が少なければ脳機能は劣化しましょう。

 

つまり、惰性的で無思考な生活が長年も続けば脳細胞を退化させることは明白でしょうに、それを棚に上げて世の皆さんが“ホレ気力がない、ヤレ記憶力が衰えた”等とのたまわるのですよ。

 

永年のツケが中高年期で顕著になっただけの事なのですが、“ヤッパリ老化現象だからシカタナイ”、“自然劣化であればサケヨウガナイ”として唯々諾々と受け入れるのでした。

 

然しながら、日々に前向きな能動的生活を送るなら“〖頭脳働き〗が先ず以って有りき”ですからね、病なんぞは寄り付きようがないでしょう。

 

“頭脳に老衰はない”のであり、これは絶対真理なのですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
暗記力向上研究会
http://worldrecord314.com/
住所:千葉県茂原市東部台4-1990-36
TEL:0475-23-6733
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関連記事

アーカイブ